• ホーム
  • 根の治療に欠かせないマイクロスコープ・根管治療(歯内療法)

拡大視野で治療が可能なマイクロスコープ

マイクロスコープとは電子顕微鏡のこと。細かい処置が多い歯科医療の分野では1990年代からマイクロスコープを用いた拡大視野での治療の必要性が叫ばれるようになってきました。肉眼では見えない細かい部分の治療は、医師の経験や勘に頼らざるを得ません。しかしマイクロスコープを使用すれば、細部までしっかり確認しながらの治療が可能となるのです。米国では当たり前のように使用されていますが、日本での普及率はまだまだ低いのが現状です。

千葉県市川市本八幡歯医者「田歯科医院」では正確で精密な診断や治療のためにマイクロスコープを活用した診療を行っています。

拡大視野で治療が可能なマイクロスコープ

できるだけ少ない処置で精度の高い治療が実現します

できるだけ少ない処置で精度の高い治療が実現します

できるだけ少ない処置を行うことを「ミニマル・インターベンション治療:M.I.治療」といいます。治療を行う際、身体にも歯にもできるだけダメージを与えないようにするために活躍するのがマイクロスコープです。マイクロスコープで患部を3~24倍に拡大して治療を行えば、肉眼での限界を超えて虫歯の汚染部位をより確実に除去することができます。またインプラント治療や外科治療では、マイクロスコープを用いることにより、小さなメスや針を使うことができ、より細い縫合糸で治療ができるので、傷は小さく、治りも早く、傷跡も残りにくくなります。

根の治療にとても有効です

根の治療にとても有効です

抜歯を避け、歯の根を残すために重要な「根管治療」は、とても細く複雑な形状の根管(歯の中の神経や血管が入っている管)の中の治療です。細かい作業で根管内の汚染部位を除去し洗浄・消毒したうえ、細菌が入らないように薬剤で埋めなければなりません。少しでも虫歯菌を残してしまうと虫歯が再発する可能性が高まります。歯を支える顎の骨に膿がたまり腫れてしまうと今度こそ抜歯に近づいてしまうのです。

根の治療にとても有効です

従来肉眼で行い、歯科医師の勘や経験に頼っていた根管治療の成功率を、格段に向上させることができるのがマイクロスコープの活用です。患部を拡大して確実に処理することができ、正確で精密な治療を行えるのです。

当院院長は「歯内療法学会(根管治療)の専門医」であるとともに「日本顕微鏡歯科学会の認定医」です。マイクロスコープを使用し、これまでに多くの根管治療を成功させています。

歯はできるだけ抜かず、できるだけ削らず、できるだけ残すことが大切です これは田歯科医院の治療方針のひとつです

歯の根っこ(根管)の治療で、非常に大切な治療

歯の根の治療はその歯の土台をなす部分で、非常に大切な治療です。根の中は非常に細かく、その治療には高度な技術が要求されます。当院ではマイクロスコープにより根管内を拡大することで、精度の高い治療を行います。また、CT撮影によりさらに正確な診断ができるようになりました。技術と設備が揃って初めて、治療の効果が出るのです。設備だけ揃えていても効果を出すことは難しいと考えています。米国や国内で種々のトレーニング・研修を受けた日本歯内療法学会の認定専門医である院長が治療にあたります。
※ちなみに日本歯内療法学会の認定専門医は千葉県で5人おり、市川市では院長1人のみです。(2015年7月時点)

重度の虫歯を治す方法~根管治療(歯内療法)~

根管治療(歯内療法)を受けられる前に

根管治療(歯内療法)を受けられる前に

歯の根の治療はこの10年でマイクロスコープ(医療用顕微鏡)、CT、ニッケルチタン製の治療用器具、治療用薬剤の進歩、システマチックな治療法等により世界的に飛躍的に進歩いたしました。しかし、我が国においては保険診療の枠の中で最新の治療法が取り入れられず、治療費も据え置かれ20~30年前の古い治療法のみしか保険適応されておりません。そのような制度の中、米国等で最新の根管治療の研修を受けスキルを詰んだ根の治療の専門医が保険制度にとらわれずにワールドスタンダードな根管治療に取り組んでおります。 

根の中は複雑ゆえに、設備や技術が必要不可欠です

根の中は複雑ゆえに、設備や技術が必要不可欠です

歯の根(根管)の内部は非常に複雑で90%以上が曲がっており、その曲がりも1方向ではなく、中には90度近く曲がっている場合もあります。特に根の先はその曲がりが急で細い枝(側枝)が多数見られます。その部分はマイクロスコープを駆使しても完全に消毒するのは困難です。また根尖部が歯槽骨より飛び出てしまっている状態(フェネストレーション)では、消毒した根の封鎖が困難であり、治療が非常に難しくなります。 

先進国の取り組み方

先進国の取り組み方

根管治療方法の最も進んでいる米国では、根管治療の専門医によりマイクロスコープやCT、最新の器具や材料を駆使してシステマチックな治療を実践しておりますが、それでも神経を取る治療(抜髄処置)で90%程度、抜髄後にバイ菌が根管に入ってしまう感染根管治療では80%程度の治療成績(成功率)であり、100%治癒するということはありません。 

先進国の取り組み方

また、治療の成功の判断ですが、米国の根の治療の学会(AAE)では、治療後4年経過した時点でのレントゲン写真や臨床症状にて判断するとあり、長期に経過を観察する必要性があります。もし根管治療後の経過が良くない場合はその悪い根尖部だけを外科的に除去する歯根端切除術という方法を取ります。こちらの成功率は85%程度で、この方法でも完治しない時には抜歯もやむ得ない場合もあります。

ラバーダム防湿法による無菌化治療

ラバーダム防湿法による無菌化治療

ラバーダムとは根管治療の際に、消毒した根管に唾液が入らないようにするために用いる薄いゴムのシートのようなものです。唾液には無数の細菌が含まれており、ラバーダムを使用しないと根管内に細菌が入り込み、せっかく治療をしても再度根管内が菌に侵されてしまうことがあります。これでは治療をする意味がなくなってしまいます。そこで当院ではラバーダムを使用し、根管内を無菌化することでやり直しのない治療を行うことができます。

田歯科医院が行う根管治療

田歯科医院が行う根管治療

当院では、マイクロスコープ、CT(市川診療所)、最新の器具・機材・材料を完備し、米国の根管治療専門医の治療法に即した治療を実践しております。特に理事長は、米国や国内で数々の研鑽を重ね、日本歯内療法学会の認定専門医を取得して5年が経ちます。しかしながら、根管治療の困難さと治療の成功の確率をご理解いただき、治療を受診していただきたいと思います。
また、根管治療を自由診療で受診した場合には、厚生労働省の規則により当該歯の被せる治療も自由診療となりますのでご理解ください。

治療後の注意点

治療後の注意点

治療は歯の根(根管)に入ってしまったバイ菌により感染している根管の内壁の歯質を削り取り、その部分を消毒液に浸してバイ菌の除去を行います。その際、急に根の先の歯茎の部分が大きく腫れてしまう時があります(フレアーアップといいます)。原因としては、感染した歯質を細い刃のついた針(ファイル)で削り取るのですが、その歯質の一部が根の先(根尖)より出てしまい、その部分でバイ菌が悪さをする場合や、元々根管には空気がありませんが、治療により空気が入り空気を好むバイ菌が悪さをする場合など、本当の原因ははっきりしません。 このような状態になってしまった場合には、根管より腫れてしまった原因である膿やガスを抜き(排膿)、投薬をいたしますので、すぐにご連絡ください。通常1~3日程度でひいてしまいます。治療についてのご理解とご協力をお願いいたします。

当院の医院情報やアクセス方法はこちらでご確認ください。

治療メニュー Treatment Menu

  • 自然な見た目と 咬み心地を実現 インプラント 学会専門医・指導医
  • 歯を失う危険性大 歯周病 学会専門医
  • 歯の根の治療で
非常に大切な治療 根管治療(歯内療法) 学会専門医
  •  子供の頃から 歯医者に通う習慣を 小児歯科 学会専門医
  •  きれいな歯並びが健康に 繋がります 矯正歯科 専門医
  • 美しい口元を 手に入れるために 審美歯科・ホワイトニング 学会認定医
  • 治療の終わりが 本当のスタートです メンテナンス